TOP
52.66score

ARUKA

スポンサーKataribe

できる人はもう始めている!? アリとキリギリスを分ける老後の準備

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


高齢化社会が進んでいる日本の現状を見て、老後のことが心配だという感じる方も多いでしょう。
年金は下がる一方ですし、物価の高騰や税金負担の増加等、これからの日本を生きていくためには個人ごとに準備を始めておくことが大切です。
「老後を穏やかに暮らしたい!」
できる人ほど、その希望を叶えるために若いうちから対策を始めています。
有名なアリとキリギリスの逸話のキリギリスにならないためには、コツコツと準備をしていく必要があります。
「でも年金ってあてにならなんじゃ?」
多くの人が不安に感じている問題です。
年金は将来に対する代表的な投資の方法のひとつです。
長く生きるほど元を取ることができる投資方法ですが、若い人ほど割りを食ってしまうシステムの欠陥が浮き彫りにされています。
国民年金、厚生年金、共済年金と、職業によって加入している年金は異なりますが、基本的にかかえている問題は同じです。
将来の状況を想定すると、こうした収入では質素な生活ならば実現可能でしょう。
しかし、趣味や旅行等を楽しみたいのならば足りないケースも多くなります。
その穴を埋めるための個人資産をいかに用意するか、それが重要な課題です。
一般的な方法は貯蓄です。
定期的なお給料の中から毎月積み立てていくことによって、老後に備える昔ながらの方法で、実践している方も多いでしょう。
この場合では目標額の設定をいくらにするかが鍵となります。
現在の生活レベルを落とすことなく、将来に必要になりそうな額を見定めた上で計画的に行っていくことで、より老後を穏やかに暮らすことができるようになります。
不動産や株等の投資によって定期的な収入を用意するのも賢い方法です。
この場合はリスクをきちんと把握した上で、いかに黒字にもっていくかが課題になります。
老後のためを思って始めた投資が失敗し、貴重な貯蓄を失ってしまったというケースもあります。
そのため、トラブルを想定した上で無理のない計画を立てていかなければなりません。
近年増えてきている老後対策の選択肢として、日本から外国に移住するのも有効な方法です。
物価の違いを上手に利用することで、日本よりも安い貯金額で豊かな暮らしを実現しやすくなります。
この方法を選ぶ時にはその国の言語を若い内から学んでおくと良いでしょう。
老後に不安を感じているのは誰しも同じです。
できるだけ早く自分にあった対策を立てておくことができれば、笑顔で老後を過ごすことができるでしょう。

.

最終更新日:2015-06-22 08:30

コメント (0)