TOP
40.86score

ARUKA

スポンサーKataribe

妊活するなら要チェック!? 葉酸の魅力とは?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


結婚してから、少し落ち着いてきた頃に、
「かわいい子供を産みたい!」
と考える新婚さんも多いでしょう。
二人の血を引いたかわいい子供の顔を見ることができるのは、結婚者の特権です。
経済的な準備と、心の準備が済んだら、妊活の始め時です。
しかし、初めての妊活だと、どんなことに気をつけていいか悩んでしまうこともあるハズ。
そんな方に、要チェックしてもらいたい栄養があります。
それは、葉酸です。
「葉酸って?」
と疑問に感じる方もいるでしょう。
葉酸は、ほうれん草などの緑の野菜に含まれている成分です。
水溶性ビタミンの一種で、こうした野菜の他にもレバーやうなぎ等にも多く含まれています。
この葉酸は
「造血ビタミン」
なんて呼ばれることも。
子供を産むためには普段よりも多くの栄養が必要になりますが、その中でも葉酸は注目度はトップクラス。
なんと、厚生労働省が推奨しているほどです。
その一番の理由は、神経管閉鎖障害のリスクを軽減できることです。
神経管閉鎖障害は、赤ちゃんの先天的な障害や、流産等を引き起こしてしまう厄介なものです。
しかし、葉酸を適切な量摂取していれば、このリスクを軽減できることが研究によって明らかになっています。
厚生労働省が妊婦に推奨している葉酸の量は、1日400μg。
「だったら、もっと沢山摂取したほうが!」
なんて考えるのはNG!
過度な摂取をしたからといって、摂取量に比例して赤ちゃんの成長がよくなるなんてことはありませんし、葉酸によるむくみや食欲不振等の副作用も出やすくなってしまうため注意が必要です。
この推奨されている量の葉酸を摂取するには、食事と一緒にサプリメントを利用するのがコツです。
「でも、葉酸のサプリメントは色々あってよくわからない……」
と悩んでしまうこともあるでしょう。
妊婦の葉酸サプリメント選びのポイントはたった1つだけ。
必要な葉酸の量が含まれている、
「合成葉酸のサプリメント」
を選ぶだけです。
「天然のほうが身体に良さそうだけど?」
と疑問に思う方も多いハズ!
ですが、葉酸に限っては
「合成葉酸」
のほうが正解なのです。
天然葉酸は食材からも摂取できるものと同じですが、体内での吸収率が3割程のため、十分な効果を発揮しにくいのがネックです。
しかし、合成葉酸ならばもっと高い効率で吸収されるため、推奨されている葉酸の摂取量に届きやすくなります。
厚生労働省が食事と合わせて勧めているサプリメントは、天然葉酸ではなくて、合成葉酸なので、くれぐれもご注意を。
妊活を成功させたいのならば、忘れずに合成葉酸のサプリメントを摂取してみてはいかがでしょうか。

.

最終更新日:2016-06-23 01:09

コメント (0)