TOP
43.82score

ARUKA

スポンサーKataribe

なんか難しそう!? でも使うのはカンタンな難消化性デキストリンのパワーとは!?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


夏といえば、水着や半袖等、露出する機会が多くなる季節!
そんな時に、ぷにっと摘めるお腹や二の腕が気になってしまうことも多いハズ。
夏を目一杯楽しみたいのならば、夏の前にダイエットをしておくのは良い方法です。
「でも、ダイエットって色々あって何していいかわからないし……」
なんて、悩んでいる方もいるでしょう。
そんな方にオススメなのが、難消化性デキストリンです。
「なんか難しそう!」
と感じる方もいるでしょう。
難消化性デキストリンとは、とうもろこしや小麦等のでんぷんから作られた、水溶性食物繊維です。
消化しにくいから、難消化性。
デキストリンはでんぷんの一種。
と分解して考えれば、わかりやすいでしょう。
「そういえば、ジュースとかお菓子で見たことある!」
と気付いた方もいるかもしれません。
そう、この難消化性デキストリンはある効果から、多くの食品で導入されている特定健康補助食品です。
その効果は、食後の血糖値の低下や、脂肪吸収の抑制。
つまり、ダイエットにぴったりのものなんです。
また、難消化性デキストリンには整腸作用があり、すっきりとしたお通じに!
便秘は肥満の原因にもなりやすいため、一緒に改善していくことができるのは嬉しいですよね。
そんな難消化性デキストリンは、粉末で手に入れることができます。
この難消化性デキストリンは、水に溶けやすい性質があります。
そのため、お味噌汁やジュースやコーヒー等に混ぜて飲んでみましょう。
難消化性デキストリンはもともと味が少ないため、味が変わりにくいのが良いところです。
そして、ダイエット効果を高めるには、飲むタイミングが大切です。
ポイントは、
「何かを食べる時に一緒に摂取する」
ことです。
そうすることで、脂肪や血糖値の吸収を抑え、自然とダイエットに繋げていくことができます。
内臓脂肪も減少させやすくなるため、運動等と合わせて摂取するのも効果的です。
また、難消化性デキストリンは摂取量の上限が定められていない安全な物質なのも見逃せないポイントです。
ですが、体質によっては腹痛等が起きることもあるため、目安の量を守って摂取しておくと良いでしょう。
夏に向けて、理想の身体に近づけていきたいのならば、毎日の食事に気軽に難消化性デキストリンを取り入れてみてはいかがでしょうか。

.

最終更新日:2016-06-30 01:37

コメント (0)