TOP
43.69score

ARUKA

スポンサーKataribe

ナニソレイミワカンナイ! クラシックの迷曲

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


一芸に秀でた人物というのは得てして変人が多いもの。
そうした中でもクラシックのサティは別格だ。
『犬のためのぶよぶよとした本当の前奏曲』
冗談のようだがこれは正式な曲のタイトルである。
決して適当にエキサイト翻訳で変換したわけではない。
気になる方は検索してみると、どんな曲か聴くことができるだろう。
そこに込められた皮肉や、実はこれがバージョンアップ版という事実を知ると、哀愁を誘うかもしれない。
こうしたセンスと遊び心があるからこそ名曲を生み出すことができるのだろうが、一般人には迷曲としか感じられないものも出てくる。
どうにも芸術というのは難しいものだ。

.

最終更新日:2015-05-30 07:36

コメント (0)