TOP
41.93score

ARUKA

スポンサー健康ネット

和食は発酵食品の宝庫!? 知っておきたい味噌の効果とは!?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


和食の汁物といえば、やはりお味噌汁が有名ですよね。
でも、近年ではおしゃれな海外の料理が気軽に楽しめる環境になっているため、ついつい和食から遠ざかってしまうことも。
「そういえば、最近いつお味噌汁飲んだっけ?」
という方もいるかもしれません。
でも、実はこの和食。
とても凄い発酵文化の集大成なんです。
和食に欠かせないお味噌汁。
この調味料として使われている味噌は、大豆を原料にした日本の代表的な発酵食品です。
他にも、健康食として注目度の高い納豆、和食の味付けの鍵となるお醤油、香りの良い日本酒、ご飯が進むお漬物。
これらも全て発酵食品ですが、その中でも味噌は、海外の方も注目している健康食なんです。
「でも、お味噌汁は塩分が気になるから……」
と避けてしまうのは、ちょっとスットップ!
実は味噌には、様々な良い効果があるんです。
「味噌には塩分が多いから、高血圧になりやすい」
なんて考えている方もいるでしょう。
実は味噌は他の食材より、塩分が約3割程、体内に吸収されにくいという特徴があります。
また、味噌にたっぷり含まれている大豆蛋白質や、メラノイジンには、血圧上昇を抑制する効果が!
そのため、最近では高血圧の方にお味噌汁の摂取を推奨する医師も増えてきています。
そして、味噌は女性に嬉しい老化を防ぐ抗酸化作用もあります。
他にも、糖尿病の予防、コレステロールの排出促進等の効果も。
また、毎日摂取することで、乳がんや骨粗しょう症を回避しやすくなるという研究結果も。
そんな優秀な味噌を、ヘルシーな野菜や海藻等のたっぷりと具と一緒に食べられる料理。
それが、お味噌汁です。
「お味噌汁って凄いんだ……」
そう驚いた方も多いハズ。
実は、
「味噌汁は朝の毒消し」
とか、
「味噌は医者要らず」
なんて言われることもある程に、昔から健康に良いものとして多くの人に実感されている調味料です。
しかも、味噌は発酵食品のため長期保存できるため便利です。
最近では、減塩タイプのものもありますし、全国各地の独自のお味噌も手に入れやすくなっているのも嬉しいところ。
美味しいだけじゃなくて、健康にも良い。
そんな伝統的なお味噌汁を、是非毎日の食卓に並べてみてはいかがでしょうか?

.

最終更新日:2016-07-17 03:09

コメント (0)