TOP
42.78score

ARUKA

大切な思い出を作るために! やっぱり子育てはマイホームで

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


小さな頃に、親戚の人に会う度に「大きくなったね!」と驚かれた経験のある方もいるでしょう。
大人から見ると、子供の成長はとても早く、目を見張るほどです。
そんな愛おしい変化を見守る子育てを、どこで行うかはとても重要な課題です。
もし、家計に余裕があるのならば、やはりオススメなのはマイホームです。
赤ちゃんは泣いたり遊んだりするのも大切な仕事です。
しかし、賃貸の場合だと一枚壁の向こう側に他の住居者がいるケースが多く、鳴き声や騒音等に気を使わなければなりません。
そんな時にもマイホームならば安心して子育てに専念することができて便利です。
また、子育て中の様々な経験はとても良い思い出になります。
「柱の傷はおととしの 5月5日の背くらべ~♪」
という童謡がありますが、マイホームならばそうした大切な思い出を家に残された形跡を見て、
「ここであんな事があったな……」
と子供が大きくなった時に感傷に浸ったり、思い出話に花を咲かせることもできて良いものです。
これが賃貸の場合だと、
「壁にも床にも傷が! 退去時に大丈夫かな?」
という状態になりがちです。
それを避けるために神経質になってしまうと、子供がのびのびと遊ぶことができず、健やかな成長を妨げてしまうことも。
「でも、子供がつける傷はマイホームのほうがもっと気にならない?」
という方もいるかもしれません。
ですが、マイホームならばフロアコーティングやリフォーム等の対策を立てることができるのも大きな強みです。
寛容な方ならば、その傷を思い出の一部として残しておくという手も。
そして、マイホームは子供専用の部屋を用意しやすいのも魅力的です。
子供の自立性を促すことができますし、友達等を呼んで元気に遊ぶことができるため社交性を学ばせる場にもなります。
このようにマイホームは様々なメリットがありますが、子育てには大きなお金が掛かるもの。
そのため、経済状況を無視して子供のためにマイホームを無理して購入するのはNGです。
あくまで、家族の安定した生活あっての子育てということを忘れてはいけません。
「蓄えができたから、子供のために、良いマイホームを建てたい!」
という方はまずは專門の工務店に相談してみると、きっとこだわりを重視した子育てに便利な良いマイホームを手に入れることができるでしょう。

.

最終更新日:2016-03-28 03:02

コメント (0)