TOP
41.52score

ARUKA

スポンサーKataribe

甘く見ていませんか!? 本当に怖い熱中症にならないために

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


照り付ける太陽に目を細めながら、通勤通学や、お出かけをする方が増える夏。
地球温暖化や異常気象等のキーワードが溢れる昨今では、
「例年にない暑さ」
とニュースの天気予報等で伝えられても、あまり驚かなくなっている方もいるかもしれません。
そんな夏で気を付けておきたいのは、やはり熱中症です。
熱中症は外界が高温の時に活動すると、発生しやすくなります。
この熱中症は、熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病の4つに分けられます。
暑さで血管が拡張され、頭にいく血液が足りなくなるのが熱失神です。
熱中症になった方が経験しやすい、
「頭がくらっとした」
という症状がこれです。
次に、汗と一緒にナトリウム等のミネラルが体外に放出され、筋肉に痙攣や痛みがおきるのは熱痙攣です。
そして、汗で脱水症状を起こし、頭痛や吐き気を催すのが熱疲労です。
この2つは原因が似ているため、同時に起きる可能性があります。
そして、緊急性が高いのが熱射病です。
熱射病は、体温が高温になることで中枢機能がおかしくなり、ろれつが回らなくなったり、反応が鈍くなる等の意識障害が起きている状態です。
進行すると後遺症や死亡に繋がってしまう危険があるため、この症状の方を見かけたら涼しい場所に移動させ、すぐに救急車を呼びましょう。
こうした熱中症を防ぐためには、基本原則があります。
それは、
「暑い時には無理をしない!」
ということです。
炎天下での運動や、密閉された高温の環境下での作業等は、できるだけ避けると良いでしょう。
どうしてもそうした環境で活動しなければならない時には、熱中症を防ぐために、
「塩分と水分をこまめに摂取する」
ことを守ると良いでしょう。
この時にスポーツドリンクは両方を一緒に摂取できますし、浸透速度が早いため便利です。
また、
「喉が乾いたら飲む」
ではなく、
「喉が渇かないように定期的に飲む」
のもポイントです。
特に、喉の渇きを実感しにくい高齢者や幼児等は、周囲が気を配ることが大切です。
水分補給と合わせて休憩時間を確保しておけば、体温調整もしやすくなってオススメです。
そして、こうした季節には、
「睡眠をしっかりとり、栄養補給をしておく」
ことも重要です。
夏は熱くて寝不足や食欲減退が起きがちですが、寝る時にエアコンを入れたり、さっぱりとした栄養のある料理を食べる等の工夫をして、体調管理をしておくと良いでしょう。
後、室内で熱中症になるケースもあります。
猛暑日には素直に冷房器具を使い、水分補給を徹底することで命を守ることができます。
電気代よりも、命の方が大事です。
夏を無事に乗り切るために、こうした熱中症対策を実践してみてはいかがでしょうか。

.

最終更新日:2016-07-09 00:56

コメント (0)