TOP
44.06score

ARUKA

スポンサー健康ネット

日焼け対策を制するものは夏を制する!? 夏野菜の知られざる効果は!?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


小さな頃、海やプール等ではしゃいで肌が茶色になったことがある方もいるでしょう。
日焼けは夏の風物詩ですが、お肌の状態を気にする女性にとっては大敵です。
夏場は紫外線の影響が強くなるため、
「日傘+日焼け止め+アームカバー」
という重武装をしている方も、良く見かけるものです。
こうした外側の対策はもう皆さん、十分にご存知のはず。
今回は、内側からの対策を紹介しましょう。
この季節に美味しさを増す旬の食材、夏野菜。
トマトやなすをスーパーで安く見かける機会も多くなるものです。
これらの夏野菜は、実は内側から日焼け対策するのに最適な食材なのです。
まずはトマト。
トマトにはベーターカロチンの一種である、リコピンが大量に含まれています。
リコピンには紫外線を受けて皮膚に生成される活性酸素を抑える、抗酸化作用や、メラニン色素の抑制作用があります。
そのため、トマトを摂取していくことで、紫外線を予防しやすくなるだけでなく、日焼けの症状を軽減する効果が期待できます。
このリコピンは加熱すると増加するため、炒め物や煮込み料理にトマトを利用するとより効率を高めることができます。
次に、ナス。
ナスの皮の部分にはポリフェノールの一種のナスニンという成分が含まれています。
ポリフェノールといえば、抗酸化作用を持つ成分の代表格。
そう、ナスも紫外線から肌を守るのに、効果的な食材です。
「ナスを茹でたら、お湯の色が青くなった! これ大丈夫なの?」
という方もいるでしょう。
ナスニンは水溶性なので、水に漬けると溶け出してしまいます。
その溶け出したナスニンが、色を変えた原因で、とても栄養のある成分です。
そのため、ナスニンを求めるのならば水分は避け、できるだけそのまま食べると良いでしょう。
そして、最後にスイカです。
スイカは果物というイメージを持っている方もいますが、実は夏野菜の仲間です。
スイカにも、実はトマトと同じリコピンが含まれています。
しかも、なんとスイカにはトマト以上のリコピンが!
また、シミを防ぐシステインや、日焼けした肌の新陳代謝を高めてくれるシトルリンも含まれています。
このシトルリンは、実よりも皮のほうが多く含まれているのがポイントです。
「でも、スイカの皮って普通捨てるでしょ?」
という方も多いハズ。
しかし、このシトルリンのパワーを得たいのならば、皮ごと食べるのが一番なのです。
スイカの皮は漬物にすることで、ウリと同じような感覚で食べることができます。
あっさりとして美味しいので、夏にぴったりです。
こうした夏野菜を上手に摂取して、内側からもしっかりと日焼け対策をしてみてはいかがでしょうか?

.

最終更新日:2016-07-11 02:14

コメント (0)